生理痛の薬でおすすめはどれ?痛み対策するための薬をご紹介

洗い方をチェックしよう

シャンプー

頭皮の臭いを改善するためには、シャンプー等を適切に使用し、頭皮全体をきちんとケアすることが重要です。しっかりとすすいで乾かすという作業を丁寧に行うことで、過剰な皮脂を除去してさっぱりと洗い上げることが出来るようになります。

詳しく見る

洗浄を行うメリット

お尻 女性の中には、膣内環境の乱れによって臭いが気になる、月経後に不快感を感じている人は多くいるようです。そんな悩みを解消できるのが膣内洗浄です。膣内洗浄ができる商品は薬局やドラッグストアでも購入でき自宅で手軽に悩みを解消することができます。

詳しく見る

悩みに合わせた機能がある

胸

ブラジャーは色々な種類があり、バストの悩みを解決するための様々な工夫が凝らされています。小さな胸の人はハーフカップ、大きな胸の人はフルカップ、離れた胸の人は4分の3カップのブラジャーを選ぶのがおすすめです。

詳しく見る

月経の痛みの原因

薬

生理痛の原因は子宮から分泌されるプロスタグランジンがというホルモンです。薬を飲むことによってこの分泌を抑制し痛みを軽減することができます。選ぶのに迷ったらインターネットのおすすめランキングなどが参考になります。

詳しく見る

負担の少ない方法から試す

洗髪

頭皮の臭いによって困っている場合は、いきなり高価な物を試したり、体や頭皮に負担がかかったりする方法ではなく、負担の少ない方法から試すようにしましょう。そうすれば、家計や体への影響を抑えながら頭皮の臭いを改善できます。

詳しく見る

飲むタイミングが重要

薬

早めの服用が大切

毎月やってくる生理ですが、生理痛の辛さは人によって違うもので生理痛で悩んでいる人は7割以上と多く、その中で鎮痛剤を服用している人はたったの3割しかいません。薬を飲むことに抵抗がある人は多いですが辛い痛みを和らげることができ、我慢し続けると痛みの原因物質が増え、それによって鎮痛剤が効きにくくなることもあります。痛みを我慢すると体にも負担がかかってしまうので、生理痛は我慢しないで薬を飲むことをおすすめします。鎮痛剤を飲んでも効果が無かったという人もいますが、それは飲むタイミングが間違っているかもしれません。生理痛で薬を飲む場合には痛くなってから飲むのではなく、何となく痛くなってきた感じがした時に飲むのがおすすめです。また薬の服用の際にアルコールの摂取は控えることは当然ですが、アルコールを飲むことによって生理痛の症状を悪化させる場合もあります。薬に抵抗がある人は痛みに耐えられなくなってから飲むことが多く、その飲み方が間違っているのです。鎮痛剤は痛みの原因になっている物質に働きかけるため、その物質が大量に分泌した後に飲んでも十分に効果を発揮することができないのです。鎮痛剤がしっかり効いてほしい時こそ、早めの服用をおすすめします。基本的に薬は用法・容量を正しく守っていれば効果を得ることができますが、それでも効果が無い場合には一度産婦人科を受診してみるといいでしょう。また今まで飲んでいた薬が効かなくなった場合や、日常生活に支障がでるくらいの痛みがある場合にも病院の受診をおすすめします。